地図というのはデザイン用語でインフォグラフィックといいいます。

簡単な地図ならデザインだけでも十分作成が可能です。



簡単な会社の目的地などを表示させる場合にはいくつかのコツがあります。

例えば、道路などの太さは、相対関係を壊さずにデザインします、情報を詰め込みすぎず、尚且つ目的地を目立たせます。
図形で描く場合は、丸の図形が多ければ会社の場所だけ少し大きい三角形で表示するなどの方法があります。


線路などは他の要素と表現を変えてみたりすると効果的です。基本的には最短ルートで表現します。最短ルートというのは目的地までの最短ルートです。
目立つ場所、コンビニ、信号などを目印に設定します。

しかし、情報を省きすぎた地図などは目的地までの距離感や場所が認識できなくなったりする恐れがあるので注意します。

逆に細く記載しすぎた地図になると情報が多すぎて視認性も悪くなり、目的地を探すのが大変になってしまいますので、細かすぎるのも注意します。


大胆に不必要な情報は削除したりすると意外と見やすくいいデザインになったりします。
交差点の名前や、通り名、曲がる時のポイントになるものは積極的にデザインしていくと、目的地までたどり着きやすくなります。



通り名や、目印となる建物などは日本語で記述します。



会社までの道筋を記した、簡単な地図を作る時にはそこまでの知識は必要がなく、基本的なポイントがあるので、こういった小さなポイントを確認しながらやると高クオリティなものが比較的簡単にできます。