近年は、スマートフォンが普及しており、ガラケーの出荷台数を抜くまでにその市場も成長しています。そのため、搭載されているOSを変更したり、格安スマートフォンの影響から携帯電話会社を変更する機会も多くなってきています。



さらに、格安SIMサービスも始まり、利用者の選択肢もより一層増えてきています。

そこで、携帯電話会社を乗り換えた場合やOSを変更した場合に今まで利用していたアプリがどのような扱いになるのか疑問を持つこともあるのではないでしょうか。
まず、同じOSで携帯電話会社を変更した場合は、アプリもそのまま利用できる可能性が極めて高いです。



もちろん、有料で購入したものやゲームもそのまま引き継ぎができます。
ただし、携帯電話会社の加入者専用で提供されていたサービスの一部は接続できなくなる場合があります。



次に、OSを変更した場合は今まで利用していたアプリをそのまま引き継ぐことができない場合が多いです。

有料アプリを利用したい場合には、再度購入をする必要があります。
ただし、SNSのように様々なOSで提供されているサービスを利用する場合には、そのまま同じアカウントを引き継げる場合もあります。


このように格安SIMなども含めて携帯電話会社を変更する場合などは、一定の制限を受けることもありますが、以前に比べると携帯電話会社各社との垣根はなくなりつつあります。
むしろ、どのOSを利用するかが重要な選択肢に変わりつつあります。

そのため、購入したアプリを効率的に利用するためには、利用する端末のOSを1つに絞る方ことが重要になります。